筧裕介氏 デザインで社会課題に挑む



認知症の当事者の目から見た世界を、異世界への旅行記のスタイルでまとめた書籍『認知症世界の歩き方』が21年9月に発売され、22年2月で累計発行部数12万部突破と異例の大ヒットに。著者の筧裕介氏に聞いた、デザインで社会課題の解決を図る手法の現状とは?

認知症を扱った本は数多いが、この本の最大の特色はそのユニークな設定とデザインだ。本を開くと最初のページに、宝島のような島の地図のイラストがある。その島こそ「認知症世界」。読者は認知症とともに生きる世界で多くの人が経験するハプニングを、まるで実際に異世界を旅しているように体験できる。

 島に着いた旅人がまず乗り込むのが、乗るとだんだん記憶をなくしていく「ミステリーバス」。旅の最初に訪れるのは、目に焼き付けたはずの記憶を跡形もなく消し去る幻の渓谷「ホワイトアウト渓谷」。続いて誰もがタイムスリップしてしまう住宅街「アルキタイヒルズ」に迷い込み、小腹がすいてレストランに入れば、そこは料理を表す言葉が存在しない創作ダイニング「やばゐ亭」。見るたびに村人の顔が変化するため絶対に覚えられない「顔無し族の村」、周囲がだまし絵のようになる「サッカク砂漠」などが次々と旅人を待ち受ける……。

 各章にはそのスポットで起こる不思議な現象の原因となる心身機能障害が、認知症の人の体験談とともに語られる。例えば、誰もがタイムスリップして、自分が若かった頃に戻ってしまう住宅街「アルキタイヒルズ」では、認知症の人があてもなく街を歩き回ってしまう理由を解説。「顔無し族の村」では、認知症の人がよく知っているはずの人の顔が分からなくなる理由が明かされる。

 最後に「この障害が原因と考えられる生活の困りごと」がイラストで具体的に紹介されている。こうした13のスポットを巡ることで、認知症世界の歩き方が分かる仕組みだ。

 著者の筧裕介氏は、デザインで社会課題の解決を目指す特定非営利活動法人issue+design(イシュープラスデザイン)代表。自身が大学院の特任教授を務める慶応義塾大学などと産学官連携で「認知症未来共創ハブ」も運営している。これまで社会課題解決のためのデザイン領域の各種プロジェクトに取り組んできた著者が、こうしたスタイルの書籍を出した理由は何か。

●大切にしたのは“没入感”

――この書籍は認知症の方の困りごとを本人視点のツアーガイドスタイルで説明しているところが非常に画期的だ。どのようにしてこのアイデアは生まれたのか。

筧裕介氏(以下、筧) 最近、デザイナーがユーザー視点に立って製品やサービスの本質的な課題・ニーズを発見し、解決することが「デザイン思考」と呼ばれているが、それが特に当たり前でないのが、医療や介護の世界。医師は目の前の疾患にどう対応するかが主な仕事で、個々の患者がどんなニーズを持っているか、何に困っているかという視点はあまり重視されない傾向にある。介護者もどうしても限られた時間や労力の中での対応になるので、介護される人の生活をより良くするためにその人の生活の問題をどうするかという視点までは至らないことが多い。それがすごく分かりやすく出てきているのが、認知症という問題なのではないか。認知症のある方の思い、障害、ニーズを誰にでも分かるように、しかも楽しく伝えたいと思ったのがきっかけだ。

 一番大切にしたのは“没入感”。本人の体験談を越え、より深く共感して読んでもらえるスタイルにしたかった。人ごとではなく、その世界に読者の人が入ってもらって、自分ごととしてつかんでもらえるような表現を追求した結果、こういう形になった。

――認知症について語られているのに、ネガティブな印象がない。

筧 「ネガティブに語らない」ということも意識はした。ただ私が実際にインタビューした認知症の方々は非常に前向きに生きている方が大半で、話を聞いていてすごく面白いと感じることも多かった。また、認知症でなくても、酔っ払ったときや寝不足で疲労がたまっているときなどには誰だって認知機能が下がり、いろんなトラブルが起きる。認知機能の低下は誰にでも起こり得るという認識がもともと自分の中にあるので、認知症世界に対してネガティブなイメージが薄いのかもしれない。

●デザイナーの職能は概念を具体的な形で示すこと

――この書籍のように、デザインを通して社会課題にアプローチしている例は増えているか。

筧 実感としてはそれほど増えていない印象だ。デザイナーは概念的なものを具体的なビジュアルにすることが職能。具体的な形にしない限りはなかなか機能しないし、機能しないものをいくら考えても仕方がない。自分がつかみ取った概念を形にしてアプローチすることがデザイナーに求められる職能であり、それは経営だろうが広告だろうが社会課題だろうが変わらない。

 でも、日本のデザイナーの中で、社会課題を抱える人の声を聴いてそこからアプローチする人はごく少数かもしれない。リサーチをする人たちはいっぱいいて、そこから言われた「こういうパッケージを作ってね」「こういう感じで作って」というのを形にするのがデザイナーの仕事になっている。こうした分業制は日本固有の大きな課題だと思う。

――認知症の理解を広げるために進めていることはほかにあるか。

筧 誰もが「認知症世界」のことをオンラインで楽しみながら学べるプログラム「認知症世界の歩き方カレッジ」を21年2月からスタートした。

 プログラムは3つあり、1つ目は「認知症世界の歩き方検定」。オンライン上で問題に解答することで、認知症の基本的な知識を学んでいく。2つ目は「認知症世界の歩き方ダイアログ」で、仲間との対話を通じて認知機能障害と生活の困りごとを学ぶ対話型ワークショップ。3つ目は、認知症の方本人の視点で認知症世界を旅するオンラインゲーム型プログラム「認知症世界の歩き方Play」だ。プレーヤーは「旅人」になりきり、すごろくの要領で認知症世界を旅する。

 認知症の人をターゲットにした商品デザインにも挑戦したいが、企業からの反応が全くなく、仕事にならないのが現状。ただこの書籍が出て少し興味を持ってくれる企業も出てきているので、そういう企業とのコラボレーションで商品や事業開発プロジェクトができればと期待している。今はまだ市場が認知症の方々を顧客として認知していないが、それを少しずつでも変えていきたい。


筧美和子、春のニューヘア公開に絶賛の声



モデルで女優の筧美和子が11日、自身のYouTubeを更新。美容室での一部始終とニューヘアを公開し、反響を呼んでいる。

「めちゃくちゃお似合いです」

 モデルで女優の筧美和子が11日、自身のYouTubeを更新。美容室での一部始終とニューヘアを公開し、反響を呼んでいる。

「カラーメンテとカットをしに、美容院へ」とタイトルをつけた動画。

 役作りのためで、ヘアカラーはピンクベージュを選択。「なかなか最近、変えていなかったから。オリーブ結構多かった」と振り返りつつ、ピースを決める。

 待ち時間も本を読んだり、リラックスムードで、美容師との会話を楽しみながら春らしいヘアスタイルが仕上がった。

 フォロワーからは「透明感半端ない」「可愛いいいーー!」「春っぽくて素敵なヘアスタイルですね」「めちゃくちゃお似合いです」などの声が上がっている。

筧利夫 同郷・ももクロ百田とラジオドラマで共演



俳優の筧利夫が、ももいろクローバーZの百田夏菜子が出演するニッポン放送『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』(毎週金曜24:53~)に3月ゲストとして登場する。

同番組は、百田が毎月1つのテーマを決め、客演となるゲストを迎えて1対1で1話完結の6分間のラジオドラマに挑戦するプログラム。4日の放送回からは筧をゲストに迎え、「バーの店主と客」「駅で出会った男女」「専門学者と取材者」「花屋の店主と客」という異なるシチュエー ションで4役に挑む。

収録を終えてのアフタートークでは、静岡県浜松市出身で同郷の2人の静岡県人あるあるが炸裂。同郷だからこそ分かり合えるトークに花を咲かせた。

また今年還暦を迎える筧の「いくつになってもモテたい気持ち」と「年齢を重ねて諦めたこと」のせめぎ合いがあるという話も。

このトークの模様は、『百田夏菜子とラジオドラマのせかい』公式YouTubeチャンネルにて、全4話の放送終了後に公開される予定だ。

筧裕介 認知症のためのデザインとは



認知症のある人に世界がどう見えているのかを分かりやすく解説した話題の書『認知症世界の歩き方』(ライツ社)。著者であるissue+design 代表の筧裕介氏が、認知症のためのソーシャルデザインを語る。

週末によくショッピングセンターに出かける歩さん(アルツハイマー型認知症当事者)。ショッピング後にお気に入りのレストランでお昼ご飯を食べていたのですが、尿意をもよおしました。慌てて席を立ち、トイレに行ったものの、間に合わずに失敗してしまいました。実は、最近外出先でトイレの失敗が続いています。

続きはコチラから
https://www.fsight.jp/articles/-/48506

筧文貴氏 西村邦太氏 奥村滉太郎氏 セミナー開催

「デジタル関連政策の最新動向」と題して、デジタル庁 筧氏/総務省 西村氏/経済産業省 奥村氏によるセミナーを2021年12月20日(月)紀尾井フォーラムにて開催!!

新社会システム総合研究所(東京都港区 代表取締役 小田中久敏)は、2021年12月20日(月)に下記セミナーの開催運営事務局を行います。

[テーマ]
【デジタル庁/総務省/経済産業省】
デジタル関連政策の最新動向
[セミナー詳細]
https://www.ssk21.co.jp/S0000103.php?gpage=21500

[講 師]
デジタル庁 参事官補佐 筧 文貴 氏

総務省 情報流通行政局 情報通信政策課 統括補佐
西村 邦太 氏

経済産業省 商務情報政策局
情報技術利用促進課(ITイノベーション課)
課長補佐 奥村 滉太郎 氏

[日 時]
2021年12月20日(月) 午後1時30分~4時50分

[会 場]
紀尾井フォーラム
千代田区紀尾井町4-1 ニューオータニガーデンコート1F

[重点講義内容]
<1>マイナンバー制度の現状と今後の見通しについて
筧 文貴 氏 【13:30~14:30】

本年5月にデジタル改革関連法が成立し、9月にはデジタル庁が発足しました。デジタル社会における必要不可欠な基盤のひとつであるマイナンバー制度について、その概要と今後の見通しを解説します。

1.マイナンバー制度の概要
2.マイナンバーカードについて
3.マイナポータルについて
4.今後の見通しについて
5.質疑応答/名刺交換

<2>情報通信分野を取り巻く現状と課題
西村 邦太 氏 【14:40~15:40】

コロナ禍でのデジタル化の進展等により、情報通信の果たす役割が一層高まっています。そうした中で、本日は、これまでの総務省の取り組みの概要を紹介しつつ、今後の方向性についてお話しします。

1.概要
2.情報通信分野を取り巻く現状と課題
3.これまでの取り組みと今後の方向性
4.まとめ
5.質疑応答/名刺交換

<3>我が国におけるDX取組の現状
奥村 滉太郎 氏 【15:50~16:50】

今般、DX(デジタル・トランスフォーメーション)の推進は官民や業種・企業規模の如何を問わず急務となっています。経済産業省におけるDX推進に向けた取組について、事例や企業の紹介を交えつつ解説します。

1.我が国におけるDXの状況
2.DX銘柄
3.DX認定
4.DXレポート等
5.今後の政策の方向性
6.質疑応答/名刺交換



【事務局】

新社会システム総合研究所
東京都港区西新橋2-6-2 ザイマックス西新橋ビル4F
Email: info@SSK21.co.jp
 TEL: 03-5532-8850
 FAX: 03-5532-8851
 URL: http://www.ssk21.co.jp

【新社会システム総合研究所(SSK)について】

新社会システム総合研究所(SSK)は、1996年12月6日に設立、創業以来20年以上 法人向けビジネスセミナーを年間約500回企画開催する情報提供サービスを主な事業としております。
SSKセミナーは、多様化するビジネス環境下で、ハイレベルな経営戦略情報、マーケティング情報、
テクノロジー情報等をスピーディーに提供し、事業機会の創出に貢献することを目的としております。
また、セミナー事業を軸に多様なビジネスを展開しており、
セミナー企画運営代行サービス・講師派遣、BtoB広告・受託調査・市場調査レポート販売・セミナーDVD販売等
お客様の事業の成功・拡大に必要な情報、サービスを提供しております。
SSKは常に最先端の情報を発信し、お客様の戦略パートナーであり続けます。 


筧秀峰会長8種のサクラ植樹



とやま森林サポーターの会(筧秀峰会長)は21日、魚津市の早月川緑地公園に8種類のサクラ計40本を植えた。再来年の春には咲く予定で、病害虫被害を受けたマツの代わりに公園を彩る。

同会は県の森林ボランティア養成講座の修了者でつくる。同公園や近くの魚津総合公園のマツがマツクイムシの被害で枯れたため、昨年1月に一部の木を伐採した。サクラの植樹は昨年の魚津総合公園に続いて行った。

会員と市、市施設管理公社から約20人が参加。コシノヒガン、カンザンなどを植え、雪や風で倒れないよう支柱で補強した。開花時期は3月中旬から4月下旬まで幅広く、形状も八重、シダレなど多彩だ。

筧会長は「咲き誇る10~20年後を思い浮かべながら良い汗をかいた」と話した。

魚津総合公園に植えた桜は来春に咲く見込み。

筧将英(かけひまさひで)さん 社外取締役就任

ナンバーナイン、電通出身の筧将英氏が社外取締役に就任

デジタルコミックエージェンシーの株式会社ナンバーナイン(本社:東京都品川区、代表取締役社長:小林琢磨、以下ナンバーナイン)は、2021年11月19日の定時株主総会での決議を経て、新たに社外取締役として電通出身の筧将英氏が就任したことをお知らせいたします。



ナンバーナインは、「すべての漫画を、すべての人に。」というMissionのもと、デジタルをフィールドに活動する漫画家さんの創作活動をサポートする様々な事業を展開しています。

漫画の電子書籍化と販促を行うデジタル配信サービス「ナンバーナイン」は、2021年10月末時点で1,353人の漫画家さんにご利用いただいており、還元総額は、サービス開始から3年で3億円を突破いたしました。今回の筧氏の社外取締役就任により、「ナンバーナイン」のブランディング・マーケティングを強化し、デジタル配信の圧倒的ナンバーワンを目指します。

<筧将英氏プロフィール>
2008年電通入社、ストプラ職からデータマーケティング職を経験。戦略立案がメインだが、PRやサイト制作ディレクションも経験。デジタル系子会社出向やクライアント企業のデジタルマーケティング事業部立ち上げ経験も有する。近年は、スタートアップのマーケティング/コミュニケーション戦略立案を中心として、企画・実施のディレクションや、他社との協業推進リーダーを務める。2021年11月より、株式会社ナンバーナインの社外取締役に就任。

<筧氏コメント>
役員陣とは長年の友人関係であり、これまでは株主として関わらせていただいていたのですが、このタイミングで社外取締役としてサポートさせていただくことになりました。電通にてストラテジックプランナーとして働いていた経験を活かして、ナンバーナインの価値をより多くの漫画家さんに届けるためにマーケティングを推進していきたいと思います。

<代表・小林コメント>
ナンバーナインは、これまで漫画家さんと直接お会いしたり地道な宣伝を行ったりして、漫画の電子書籍化を行うデジタル配信事業において着実にブランド力を高めてきました。電子コミック市場も大いに盛り上がり、競合サービスも増えている中で、ここからのフェーズはデジタル配信サービス「ナンバーナイン」が圧倒的ナンバーワンになるためにはマーケティング戦略が不可欠です。長年の信頼できる友人であり、電通で数多くの戦略立案を行ってきた筧さんとともに事業成長にドライブをかけ、勝ちたいと思います。

<株式会社ナンバーナインについて>
2016年11月に創業した、「すべての漫画を、すべての人に。」をMissionに掲げるデジタルコミックエージェンシー。デジタル配信サービス「ナンバーナイン」や確定申告代行サービス「no9tax」、オリジナル漫画や受託漫画の編集企画など、デジタル領域で活躍する漫画家さんが個人の活動の幅を広げるためにさまざまな事業でサポートを行っています。

コーポレートサイト: https://corp.no9.co.jp/

筧有子(かけひゆうこ)さん個展

虫の染料で魅惑の紫 静岡市で浜松学院大准教授・筧さんが個展



日本画の画材である絵絹(えぎぬ)にコチニールという虫の染料で描く技法に取り組む美術作家で、浜松学院大准教授の筧有子(かけひゆうこ)さん(43)の個展「染め−虫−浮(うか)ぶ」が静岡市葵区七間町の市文化・クリエイティブ産業振興センターで開かれている。十日までで、入場無料。 

コチニールはサボテンなどに付く虫で、昔から使われている天然由来の染料。美しい紫色が特徴で、日本でも画材として古くから使われている。

元来日本画家の筧さんは、カイコが作る絹の上にコチニールの染料で絵を描く手法を研究。「絵画とは何か」と問い続け、描いた作品をつるしたり、立てたりするなど、さまざまなかたちの作品を発信している。

今回は二〇一八年から今年までに描いた十二点を展示した。

会場の一角を占める「揺れる」シリーズは、コチニールで描いた絵絹を円筒状に丸めて天井からつるした作品(高さ九十二センチ、奥行きと幅八十七センチ)群。色の濃い部分から内部を見ると、裏側が透けて見え、幻想的な雰囲気が漂う。絵絹の端切れをスパイスボトルの中に詰め、正方形状に並べた作品は、絵画を身近に感じてほしいとの思いを込めた。

筧さんは「カイコとコチニールという全て虫由来の素材を使った作品。立体的な表現も楽しんでほしい」と話している。

筧(かけひ)いづみさん個展「春から初夏の草花」

福井市の女性が個展 植物の強さ表現 桜など油彩画に



ディスプレーコーディネーターで画家の筧(かけひ)いづみさん(49)=福井市=の個展「春から初夏の草花」(福井新聞社後援)が3月1日、同市松本1丁目のギャラリーサライで始まった。春を感じさせる油彩画約30点が並べられ、植物の強さとはかなさを表現している。31日まで。

筧さんはイベントやショーウインドーの空間演出を行う傍ら、2015年から越前市の油彩画家に師事し制作に励んでいる。2度目の個展となる今回は、新型コロナウイルス禍の中、見る人に明るい気持ちになってもらおうと、春を感じさせる桜を描いた作品を中心に展示している。

アルミ箔(はく)の上に和紙を貼り付けた50号のキャンバスには、しだれ桜の花や枝の一部が描かれ、悠然と構える大木が想像できる。筧さんは「コロナ禍を何事もなかったように、営みを続ける植物に改めてたくましさを感じた」と話している。このほかコブシやドクダミなどを描いた作品も並ぶ。